2017年12月09日

鯖の味噌煮もこのような調理をすれば美味しさ百倍!




循環器病にもダイエットにも大変有効で、
コスパの上でも他の魚に比べて優れている鯖(サバ)ですが、
調理が上手くできないという方へ一言。


と申しますのは調理法によっては、
鯖を生臭い出来上がりで、においが残る方法で作ってしまい、
結果的に鯖嫌いを増やしかねないからです。


鯖とはこんな姿で流線型そのものです
鯖(サバ).JPG


生臭いサバの味噌煮を作ってしまう方は、
下地処理をキチンとしないこと
及び煮込む際のタレに何かが抜けているからです。
抜けている者は、下記のメニューの中のAが相当します。

では、調理法を簡単に説明します。

【1 下地処理】

1 鯖をたっぷりのお湯で3分くらい、しっかり茹でます。

2 茹でたらしっかり水気をきり、

  キッチンペーパーまたは調理タオルで水気を充分ふきとります。
 
  これで下地処理はバッチリです!


【2 味噌煮の調理工程】

3 ナベに下記のタレを入れて、

  弱火で少しクツクツなるくらいまで温めます。

  強火でなくて弱火でゆっくり煮るのがポイントです。

  クツクツなったら先ほどのサバを入れて15分ほど煮込みます。

(タレ ) 二人分の場合
    水 100CC
    料理酒 50CC
    砂糖 大さじ3杯
    味噌 大さじ3杯
    しょうゆ 大さじ1杯

    A *生姜すりチューブ
      *生姜スライス
      *生姜微塵切り
      *生姜千切り
      *長ネギ
      *玉ねぎ 

       Aは6個の*の中から一つ選ぶ。


4 時々ひっくり返したり、
 スプーンでタレをかけたりして、サバに味をなじませてください。

5 味噌にとろみがついてきたら出来上がりです。

 これで、臭みのない鯖の味噌煮ができあがり、美味しくいただけます。



⇓健康の基本ダイエットのためにサバの味噌煮を食べよう⇓
  
posted by こいぬ at 23:00| 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。